シーズン4最終話(24話)前半 ローレライ登場

シーズン4

The setting is Las Vegas. Jane, who was fired from the CBI, is apparently in Las Vegas.

Here’s Why I Was Fired→Season 4 Episode 23

Las Vegas is Nevada, isn’t it? I don’t know why it was here. Jane, who comes from show business, seems to be able to make a little money here.

Waitress in red

Jane is a jerk. Jane doesn’t shave her beard and wears the same clothes for half a year!

It seems to be soaked in alcohol at the counter.

Lorelai, a waitress in red, talks to Jane.

I feel like I have a crush on Jane!

As they continue to talk, a victim from Jane’s psychic days appears and asks her to return her money! It is said. It would be so, too. You said “Your dead mother, Mr./Ms.”, but if your father later told you that your mother was alive, you would want to complain to the psychic.

Jane feels that this is bad, so she sets fire to the customer who has been accusing her and runs away.

Fire!

It’s not like Jane. It seems that I can come up with something appropriate, say it, and run away from the place, but at this time, I will run away with all my might.

After that, the police come → catch up→ Jane beats up the police→→ and someone pays bail and releases her.

It comes to. I wondered who paid the bail money, and I wondered if it would be Lisbon.

Jane falls asleep in the motel where she lives.

Read the latest news from the film industry on Znaki.Fm.

The surprising source of bail money

– Moe to the way Jane sleeps with her hands between her crotches.

Suddenly, someone came.

Oops, Lorelai

I brought chicken soup. I’m scared.

Jane hesitates for a moment, but accepts. At this time, due to the beating, the amount of sauce is increased by 50%. It’s amazing Jane can do that.

While talking, we learn that it was this Lorelai who paid bail. However, for some reason, Lorelai is a mysterious woman who pays bail because she feels the same way. But this is Las Vegas. Anything goes, right? Jane has already thrown her life away, and she accepts everything. Above all, Lorelai is beautiful. I don’t feel bad.

Two people relaxing in bed watching TV in the wild kingdom.

Whew! A zebra is eaten by a lion.

I’m glad you didn’t flirt with me. At this time the man is probably to go or not to go. If so, when is the best time to go? That’s all you’re thinking about.

I don’t care about zebras, lions, or feces.

yes, yes. It’s a bed here.

Mr./Ms. for coming

Yes, thank you.

At that time, Lisbon

While taking a walk on the street at night.

I’m always worried about Jane. Where are you and what are you doing?

I’m completely rooting for Lisbon, so I’m very sad at this time.

And at the same time Lorelai hates.

The Truth in the Morning

Hmmm. I’m sleeping.

Oh?

It was sweet in the morning hours. Mr./Ms.’s ideal woman, a pattern that wears a man’s shirt.

Jane’s favorite “egg dish” is made here, and Jane asks, “Did you know I like it?” I’m spoiled.

Good morning, Mr./Ms..

I was really hooked.

I’m watching, I’m watching. I’m watching Lorelai. Jane.

And such a grin. “I wonder if I’ll see you again,” Jane says.

This is also the case for a man who has been cautious about seducing any person until now. I wonder if the bail was big. Because of this beauty?

しかし このニヤニヤも一瞬で血の気が引く事実を知らされます。

私の意思はないわ。全てはレッドジョンの思うままに。

はい 顔面蒼白。頭真っ白。おそらく、手足の感覚はなくなってると思います。

レッドジョンはジェーンはこのままではいけない。と伝えたかったようです。

同士として、今の堕落したジェーンは見たくないんだと。

ローレライは一生懸命伝えます。

ここで、向こうの壁にはたくさん本があるんだな〜と気が付きます。さすが読書家ジェーン。

横積み派。

帰れ。そう言ってローレライを追い出したジェーン。

ドアを閉めると

やっと来たとでも言いたげな この表情。

ジェーンは「堕落したジェーン」を演じて、レッドジョンをおびき寄せていたようです。

「降参しろ」とは言ったものの、やはり、物足りないのでしょうかレッドジョン。

ローレライを使って、ジェーンを自分の手の内に入れたがっています。レッドジョンは友として手を差し伸べていると言います。

動き出したレッドジョンに、ジェーンも元の精悍な表情に戻りました。

失踪のシナリオはここから大きく動き出します。

リズボンへ真実を話すジェーン

場所は、リズボンが行った教会。

なんだか落ち着かないリズボンは静かに一人になりたくて教会に座っています。

どこからか声が「神様じゃが 要件はなんじゃ〜」この声は!

てっててー♫

めっちゃビビるリズボン。

ずっと四つん這いでここまで来た!大成功!と自慢気なジェーン。

元気だったかと聞くジェーンに

「今までどれだけ心配したか!!!!」と怒り狂うリズボン。

ジェーンはなだめてなだめて自分のこれまでのことを話します。

これまでの失踪はジェーンの演技だったこと。

リズボン「ひどすぎる クソッタレの最低野郎だわ」

ジェーン「ここは教会だよ」となだめるジェーン。

レッドジョンが罠に引っかかってきたと言い出すジェーン。

降参しろと言われ、CBIをクビになって、堕落した生活をしているのに、レッドジョンはジェーンを殺さない。それではつまらないのだ。ジェーンを弟子にしたいのだ。

レッドジョンの使いのものがジェーンに接触してきている。

レッドジョンの話に乗るふりをする。こちらはそうやってレッドジョンを釣るんだ。

計画をリズボンに話すもリズボンは怒りを隠せません。

「何度も電話したわ!何百回も!」「ごめん」

「夜もずっと眠れなくて!」どれだけ心配したことかバカヤロー!

リズボンは怒りをジェーンにぶつけますが、最終的にはジェーンの計画をしぶしぶ受けます。

ジェーンから電話を渡され、この計画は極秘ですすめることを伝えられます。

それでも 怒り続けるリズボンにジェーンはこの表情。

また四つん這いでどこかに消えてしまいました。またサヨナラも言わずにジェーンに姿を消されたリズボンは「ジェーンなんて大っ嫌い!」と教会の中で叫びました。

CBIでは上司のウェインライトが、そろそろジェーンを呼び戻しても良い頃かもとリズボンに提案します。おそらく、検挙率も下がってきていることが大きく影響しているようです。

しかしリズボンは提案を突っぱねます。「ジェーンは放っておくのが一番です」

突然のウェインライトの提案にやや怯みつつも、彼の好きにさせましょうということで二人の会話は終わりました。

尊敬の証

ジェーンはローレライに会いに行きます。

「あの後考えた。レッドジョンの言う通りにするよ。それと引き換えに僕は何をしたらいいんだ。」

「レッドジョンの友情を受け入れればいいのよ。尊敬の証にテレサ・リズボンの死体を持ってきて」

「冗談でしょ」

「本気よ。」「他のものにして」「他のものはない」「では断る」

「当然よね。でも彼の立場で考えて。これができなければあなたが変わったとは信じられないわ。」

それだけ言い残してローレライは席を立ちます。

レッドジョンの言いなりに動くにはリズボンの死体を!?

これは困った。

どうなるジェーン。

ジェットコースターのこのエピソード。長くなりますので、続きは後編へ!!

<<次の記事
| 記事一覧 |

前の記事>>

SPONSORED LINK

Rate article
lovementalist.net