車中泊で一酸化炭素中毒にならないための方法は?役立つJackeryポータブル電源も紹介

Tech

車中泊では、特に冬には暖房が必要になりますが、化石燃料を使用する機器を使うと一酸化炭素中毒になるおそれがあります。

この記事では、車中泊で一酸化炭素中毒になる危険性のある事例と、一酸化炭素中毒にならないための方法を解説します。

車中泊で一酸化炭素中毒になる危険性

使用する暖房器具に注意

車中泊で一酸化炭素中毒になる危険性があるのは、化石燃料の暖房器具を使用した場合です。

自宅と同じで、車内でも定期的に換気をしなければ一酸化炭素中毒になる危険性があります。

冬の車中泊は積雪に注意

冬に車中泊をする場合、見逃せないことは積雪による一酸化炭素中毒です。

エンジンをかけたまま車中泊をしているときに車のマフラーに雪が積もると、雪が排出口を塞いでしまい、排気ガスが車内に流れ込んで一酸化炭素中毒になる危険性があります。

車中泊で一酸化炭素中毒にならないための方法

車のエンジンは停止する

先述のように、特に降雪時に車中泊をする場合は、車のエンジンを停止しないと危険です。

車内に排気ガスが流れ込まないように、エンジンは停止しましょう。

排気ガスが出ない暖房器具を使用する

車中泊で使用する暖房器具は、排気ガスが出ないものを使用することがおすすめです。

灯油を燃料とするファンヒーターなどを使用すると、一酸化炭素中毒になる危険性があります。

排気ガスの出ないポータブル電源を活用する

車中泊で使用する暖房器具には電源が必要ですが、排気ガス出なく環境にやさしいポータブル電源の使用がおすすめです。

化石燃料を使用するガソリン式やカセットボンベ式の発電機は、排気ガスが出るので人体に悪く、特にガソリン式の発電機は一酸化炭素中毒になる危険性があります。

車中泊で活躍するJackeryポータブル電源

車中泊で一酸化炭素中毒にならないためには、ポータブル電源の使用が最もおすすめです。

ここでは、車中泊におすすめのポータブル電源を紹介します。

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、車中泊におすすめの大容量ポータブル電源です。

2042Whという大容量と、3000Wという高い定格出力を持つうえに、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。

4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使える超長寿命です。

一般家庭用のほとんどの冷暖房器具を使用できるので、快適な車中泊ができるでしょう。

https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、Jackeryポータブル電源の中でもミドルクラスのモデルですが、車中泊に適したポータブル電源です。

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」と同じようにリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、サイクル回数も同じく4000回です。

容量は1264Wh、定格出力は2000Wあり、特にコストパフォーマンスの高いモデルです。

https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源300Plus

「Jackeryポータブル電源300 PLus」も、小型のモデルながらリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源です。

サイクル回数が3000回と超長寿命なうえに、重量わずか3.75kgという軽さです。

容量288Wh・定格出力300Wというスペックにより、電気毛布を約4時間使用することができるので、単独や少人数での車中泊などにおすすめです。

https://www.jackery.jp/products/explorer-300plus

 

まとめ

車中泊で一酸化炭素中毒にならないためには、ポータブル電源に電気式の暖房器具を接続して使用することが最適です。

車中泊の暖房用にポータブル電源の購入をお考えの方は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したJackeryのポータブル電源をぜひご検討下さい。

READ  家庭用ソーラーパネルは固定式かポータブル式どちらがおすすめ?おすすめのJackery製品も紹介
Rate article
lovementalist.net